京都 左官 職人 田中昭義左官 先人から受け継いだ匠の技を継ぎの世代へ 京コテ壁

田中左官のTOPICS 一覧へ

2017.3.31
■テレビ放送のお知らせ■

左官職人募集

produce by 田中昭義左官株式会社

Copyright(C) 2012
田中昭義左官株式会社
All Rights Reserved.

塗り壁・土壁・京壁について

京壁について

京壁について

京壁とは、京都を中心に発達した壁の塗り技法で仕上げられた、日本古来の伝統的な塗り壁です。一般的には京壁と呼ばれますが、西京壁(さいきょうかべ)と呼ばれることもあります。京壁は様々な歴史的建造物やお茶室などにも使用されており、歴史的価値が非常に高い伝統技術です。
壁に使用される土は、主に、聚楽土、稲荷山黄土、九条土、桃山土、浅葱土、錆土などが有名です。京都では聚楽土のような非常に良い粘土質の土が多くとれるため、京壁が発達したと考えられています。

京壁の特徴や効果

京壁には、使用する土にすさ(藁や麻、紙などを細かくしたもの)と砂、水などを調合し作り上げるといった特徴があります。天然土そのままの趣を生かし、仕上がりだけでなく、天然土の落ち着いた風格、色彩からも日本古来の伝統を目で楽しむことができます。
京壁などの塗り壁には、湿気をコントロールする調湿効果や、臭いなどを吸着する消臭効果があり、さらに変色しにくいという特徴や、防カビ効果、断熱効果・吸音効果などもあります。

今、再び注目されている 塗り壁 / 日本の伝統技術 左官